こどもTips

不活化ポリオ助成

本日より、鴻巣市による
不活化ポリオ5回目助成が始まりました


対象:年長さん(※下記参照ください)
自己負担:5000円

今年度は平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれの方で
4種混合追加(4回目)完了後6か月を経過した方
※ただし、年長になって4種混合の追加接種をされた方は、6か月経過しても助成対象にはなりません



不活化ポリオワクチンは4種混合に含まれ、定期で4回接種が行われていますが、接種から時間が経つと、抗体価が徐々に低下します。
抗体価は、5回目接種により高く維持することができるということです。


MR2期やおたふくかぜワクチンと同時接種もできます
受付にご相談ください



アデノウイルス

先週はアデノウイルスがとても多かったです
年齢はすべて1歳児

アデノウイルスは咽頭炎の原因となる他に
胃腸炎の原因にもなります
迅速検査キットは便用のものもあります

今回出ているのは咽頭炎の方です
高いお熱が続くのが特徴の一つで
採血して検査すると
CRPという炎症の数値が高いことが多いです
CRPの数値を見てアデノ迅速を追加することもあります

ここで陽性だとともかく原因がわかったので
少し安心ですね
ウイルスで抗生剤は効かないので
症状を楽にするお薬を処方して
経過を慎重に見ながら、症状が落ち着くのを待ちます

症状は他に、のどの痛みや扁桃についた白苔
目が充血することもあります


解熱後2日間は登校登園ができません


弱視のスクリーニング検査

弱視のスクリーニング検査を始めてからほぼ半年

8月末までに
延800人のお子さんに検査を受けていただき
約50人眼科に紹介させていただきました


ワクチンと健診の時に行うパターンに慣れてきたので
今後もこのパターンのみで行ってゆきます

検査の年齢は
生後6か月以上で1回
1歳から3歳までで1回
3歳以上入学前で1回

検温と予診票の記入が終わるタイミングで、声をおかけしています
少し暗くしたお部屋のなかで
きらきら光るものを見る
だけなので、数秒で終わることが多いです


泣いて瞳が濡れると、撮れない事があります
その時はごめんなさい
次の機会まで待ってください


お子さんは目の異常があっても、自覚症状がないことが多いので、ワクチンで来院のついでに小児科でスクリーニング、というコンセプトで導入しています

自覚症状や目の異常のご心配がある時には、眼科さんを受診してくださいね



アレルギー迅速検査

7/11のブログでもちょこっと紹介した、アレルギー迅速検査のご案内です
ヤケヒョウダニ、ネコ、イヌ、ゴキブリ、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ
これら8項目の検査結果が20分で出ます

決まった季節に目のかゆみ、充血、くしゃみ、鼻水がでる
掃除・衣替えなどをすると目のかゆみ、くしゃみ、鼻水がでる
肌が乾燥しやすく、荒れやすい
ちょっとした刺激で肌が赤くなりやすい
犬や猫などに触れると目のかゆみ、くしゃみ、鼻水がでる
息苦しい時がある(ゼーゼー・ヒューヒュー)
咳が8週間以上続くことがある
以上の項目に多くあてはまるお子さんで、検査をご希望の方はご相談ください


ただし、指先からの採血なので
対象は小学生以上とさせていただいています
本人の同意がないと採血がむずかしいので
事前に良く、お子さんとお話をしてくださいね

 


アレルギー迅速検査キット

先々週に引き続き
先週も手足口病とても多かったです
ほぼほぼ1歳から3歳の小さなお子さんです

お熱が高かったり、口内炎で食べ物がしみたり
皮膚に痒みがあったり、ぼつぼつだけだったり
ポツポツが出ること以外は個々に違うので
症状に対応したお薬の処方になります

溶連菌と胃腸炎も多め
他には突発性発疹、リンゴ病、アデノ、水痘などでした

手足口病が多いせいか
3歳未満のお子さんが受診が多いです


先日、アレルギーの迅速検査キットを導入しました
指先から採血して結果まで20分
当日に結果をお伝えできるので
結果を聞くための来院が不要になります
鼻炎症状などがターゲットのキットなので
食物アレルギーの検査には対応していません

指先採血であることと検査項目の内容から
大きなお子さんを対象にしています


清水こども医院 公式サイトはこちら