あかちゃんTips

弱視のスクリーニング検査

弱視のスクリーニング検査を始めてからほぼ半年

8月末までに
延800人のお子さんに検査を受けていただき
約50人眼科に紹介させていただきました


ワクチンと健診の時に行うパターンに慣れてきたので
今後もこのパターンのみで行ってゆきます

検査の年齢は
生後6か月以上で1回
1歳から3歳までで1回
3歳以上入学前で1回

検温と予診票の記入が終わるタイミングで、声をおかけしています
少し暗くしたお部屋のなかで
きらきら光るものを見る
だけなので、数秒で終わることが多いです


泣いて瞳が濡れると、撮れない事があります
その時はごめんなさい
次の機会まで待ってください


お子さんは目の異常があっても、自覚症状がないことが多いので、ワクチンで来院のついでに小児科でスクリーニング、というコンセプトで導入しています

自覚症状や目の異常のご心配がある時には、眼科さんを受診してくださいね



手足口病

先週の中頃から急増中
1歳が中心で、ほぼ0歳~2歳です

ヘルパンギーナなどと同じ夏風邪のひとつ
英語でもhand, foot and mouth diseaseという名の通り
手足や口の中、肛門の周囲などに発疹ができます
お熱が出ることも多いです

原因となるウイルスの型がいくつかあるので
1回罹っても、また罹ってしまう事も

流行中の型によって、症状も異なり
1~2か月後に爪がはがれることもあります
発疹のようすも、型によってずいぶん違います


お口中の痛みで食事が摂りにくいこともありますが
水分摂取優先で、食べやすいものをあげてください

症状が落ち着けば、登園できますが
治っても1か月近く、便の中にウイルスが出ます
こどもの病気ですが、まれにおとながもらうこともあるそうです
オムツの処理のあと、しっかり手洗いしてくださいね




今日から予防接種週間

3月ですね。
響きだけでも暖かくてうれしくなります

3月1日から3月7日は子ども予防接種週間です

「子ども予防接種週間」とは
入園や入学で4月から始まる集団生活に備えて、
ワクチンで防ぐことのできる病気から子どもたちを守ろうという
日本医師会、日本小児科医会、厚生労働省主催の企画です

毎日忙しいと思いますが
コーヒータイムに母子手帳点検しませんか?

定期接種として決められた期間を過ぎると
任意接種で自費になってしまいます
母子手帳をみてもわからない時は、お電話でご相談ください

特に年長さんでMR接種が済んでないお子さん
4月までまだ1か月あるから・・・と思っていても、
本人やおともだちが水痘やおたふくなどにかかってしまうと
1か月予防接種ができなくなってしまいます

1歳前だと、HBの3回目
2歳前だと、MR1期
3歳前だと、水痘2回目
接種済んでいますか?

4種混合は7歳半(90か月)までです
4種混合移行前、3種とポリオで接種されている場合
DPT4回、ポリオ4回、ポリオは生2回でもOKです

ご予約は診療日の朝9時から夕方6時まで30分単位、
土曜日も同じ時間帯で接種できます







RSウイルス感染症

今日は朝から掃除業者さんが入っていました。定期的に床ワックスや窓など掃除をしてもらっていますが、夏にはそれぞれ1日ずつかけて換気扇とエアコン全機の内部清掃をしてくれます。
今回は換気扇。気のせいなのだと思いますが、翌朝は空気がすっきりしているように感じます。


今週は、RSウイルス感染症が増えています。

RSウイルス自体は風邪症状を起こすウイルスの仲間で、冬に多く流行し、2歳くらいまでにみな感染します。たいていは熱や鼻水、咳などで済みますが、1歳未満、特に6か月未満の小さな乳児がかかるとゼロゼロしたり、呼吸困難の症状が出ることがあり、細気管支炎や肺炎などで入院が必要になることもあるため、しっかりとした経過の観察が必要になります。

現時点で抗ウイルス薬やワクチンなどはありませんが、小さく生まれたり特定の先天性疾患を持った赤ちゃんたちでは、シナジスという抗体の注射で重症化を予防しています。このシナジスは、通常は秋口から春先にかけてRSウイルスの流行期間に、毎月投与されます。今年は当地では、RSウイルス流行開始が早いことから、前倒して投与を行うことになっています。


明日12日土曜は、夏休み前の最後の診察になり、13日日曜から20日日曜までは休診となります。
午前も午後も通常通りの受付時間ですが、受診を迷っている時は、ぎりぎりまで様子を見ず、早めの受付をお願いします。 


院長

はちみつと乳児ボツリヌス症

離乳食の指導や、最近ではニュースなどでご存知と思いますが、

1歳未満の赤ちゃんがはちみつを食べると、乳児ボツリヌス症になることがあります。
ほとんどの場合は適切な治療により治癒しますが、まれに亡くなることもあります。


はちみつに入っていたボツリヌス菌が赤ちゃんの体に入り、腸管内で菌が増殖して、産生された毒素によって発症します。
おとなの腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌に負けてしまうので通常何も起こりませんが、赤ちゃんはまだ腸内環境が整っていないので、腸内でボツリヌス菌が増えてしまうのだそうです。


厚生労働省のHPでも重要なお知らせとして
ハチミツを与えるのは1歳過ぎてから
と呼びかけています

ボツリヌス菌は熱に強く
通常の加熱や調理では死なないので
1歳未満の赤ちゃんには
ハチミツやハチミツ入りの飲み物やお菓子などの食品
与えないように気を付けてくださいね



今週は後半なんとなく平穏で
受付スタッフは七夕の準備にいそしんでいます

17-06-09-21-59-24-051_deco


健康待合室入口のガーランド
6面体の折り紙もスタッフがコツコツ折りました

診察室の廊下に天の川ができたら、
おこさんやママにも短冊のお願いをしたいです
よろしくお願いします




清水こども医院 公式サイトはこちら