2016年11月

小児かかりつけ診療料

初めて受診されるママに

「書類に同意のサインをしなくていいんですか?」

と尋ねられることが最近ありました。

何のことかな?と考えたのですが、

「小児かかりつけ診療料」のことと後で気づきました。

 

これは、今年4月の診療報酬改定で新設された制度です。

ひとつの医院をかかりつけと決め、

日常の診察や指導管理、発達などの健康相談、予防接種のスケジュール管理や情報提供、時間外での電話問合せの対応などを行うものです。この「小児科かかりつけ診療料」を算定するためには、これらを説明した上で、同意書にサインをいただくことになっています。

そのことをおっしゃっていたのですね。

 

当院では「小児かかりつけ診療料」は算定していないので、
同意書にサインをお願いすることはないです。

 

 

ウイルス性胃腸炎、相変わらず多いです。

手洗いで感染を防ぐのは基本ですが、

お子さんがかかってしまった時

吐物やオムツの処理をする際には、

ディスポの手袋をして処理、
ジップロックなどでしっかり密封して処分、

消毒は希釈した次亜塩素酸ナトリウムを使用、

ご家族に広がらないように気を付けてください。

 

甲府盆地

22日~24日、学会と骨休めを兼ね、
山梨県甲府市に行きました。

午前の診察を終えて出発
第一目的地、昇仙峡、
ロープウェイ運行にぎりぎりセーフ。
頂上から見た夕暮れの富士!!
中央道につながった圏央道に感謝。

DSC_0711

2日目朝、学会場に向け宿泊先を出ると、
周囲は紅葉の山、山。
ぐるりと四方を眺めると、
教科書で読んだ太宰が浮かびました。


「シルクハットを倒さまにして、その帽子の底に、
小さい小さい旗を立てた、
それが甲府だと思えば、間違いない」


盆地は本当に周り中が山なのだ、と実感。

 

翌朝、思いがけない11月の雪
雪道走行の帰路となりましたが、
紅葉と雪のコラボ。
思い出に残る学会旅行となりました。


院長

お掃除

昨日、おそうじ業者さんが入りました。
ふだんの掃除では取れない汚れを
定期的に来て、落としてくれます。
今朝は院内ピカピカで気持ちがいいです

明日22日(火)は通常通り午前の診療。
あさって23日(水)は勤労感謝の日でおやすみ。
24日(木)は臨時休診となっています。

10分経ってます!

「先生は風邪をひかないんですか?」
時々お母さんたちに、不思議そうに尋ねられます。

もちろん、僕も風邪をひきます。
現にここ数日、少し熱っぽくて体がだるく、
鼻が詰まり、咳も若干。
とりあえず、薬を飲んでしのぎます。
診察中に「もう無理!」となると
5分」とか「10分」と宣言して、診察室を出ます。
休憩室で糖分や水分取ったり、仮眠したり。

タイマーの音に終了を告げられ、
もう少し横になりたいなと思う間もなく、
看護師から無情な内線電話が入ります。
10分経ってます!」

熱が出ないので「軽い鼻風邪」と判断されるようです。
たぶん、本当に軽い鼻風邪ですが。


日曜ワクチンや休日当番が続き、
今日は待望の日曜休みでしたが、
そんなわけで、だらだらと
1日が終わりそうです。

院長

待機児童

育児お休み中のスタッフの子2人が
ワクチンの接種に来ました。

1人は今年9月に生まれて、今日がワクチンデビュー
ママは7月まで受付でがんばってくれていました。

もう1人は1歳1か月、今回はインフルワクチン。
ママは9月に看護師に復帰予定だったのですが
保育園の空きがなく、現在待機児童。💦
パパの協力の下、時々復帰?となりました

ママスタッフが多く
たいへんなこともありますが、
イベントの度に集まるこどもたち、
とても仲良く遊んでいてほほえましいです


明日の午後はインフルエンザワクチン接種日。
明後日金曜は午前だけの診療となります。

清水こども医院 公式サイトはこちら