日本脳炎ワクチン予約

今日は春みたいにポカポカ
お散歩日和ですが

医院は朝からチェックインが多く
久しぶりの事なので少しワタワタ
やっと少し落ち着きました

日本脳炎ワクチン在庫数と、ご予約数
同じになってしまいました
接種ご希望の方はお名前をお伺いし
次の入荷後にご連絡をし
ご予約を入れていただきます

ご予約の順番を取っていただけるのは
初回1回目と2回目の方
期限が迫っている方
で、定期接種を当院で継続的にされている方
となります

1回目接種後の2回目のワクチンは取り置いてあります
接種当日にご予約をお願いします



日脳ワクチン その後

出荷調整の連絡が入ってから1か月
その後の状況です

①初回1回目と2回目
②期限の迫っている方
のみを対象にご予約・接種をしてきましたが
在庫も減り厳しい状況となっています

そこで現在は上記①②に加え
かかりつけの方
4週以内の予約
とさせていただいています

かかりつけの方とは
定期予防接種を当院で接種されている方
となります

ご不便をおかけしますが
よろしくお願いいたします

MR2期

2月もほぼ半分を過ぎた今日
春を思わせるような陽ざし
医院は相変わらず静かです

アレルギーや花粉症の受診
湿疹や乾燥肌の受診が多いです
少し目立っているのは胃腸炎
広い年齢で出ています


年長さんが対象の予防接種、MR2期
今期末の3月31日までです

期限過ぎますと定期で接種できません
体調不良やうっかりしてしまったりで
接種のタイミングを逃してしまい
任意(自費)で接種される方が毎年います
お早めの接種をおすすめします


多くの方が同時接種されているのが
不活化ポリオ
おたふくかぜ

ポリオは麻痺などを起こすことある病気で、以前は小児に起こることが多かったので「小児麻痺」とも呼ばれていました。
赤ちゃんの時に接種した4種混合に入り4回接種していますが、時間経過に伴って抗体が低下していますので、抗体価を維持して予防につとめることが勧められています。
年長さんを対象に、鴻巣市の助成が入り窓口負担は5000円となります。

おたふくかぜはほとんどのお子さんが1歳で1回目の接種をされていますが、この抗体も時間経過とともに下がり、周りに発生があると罹ってしまうことがあります。
おたふくかぜの症状は数日で治りますが、かかった方の1000人に1人程度に難聴が起こり、この難聴は治りませんので予防が重要となります。
鴻巣市でおたふくかぜの助成を受けたことの無い方は、窓口負担は3500円、2回目の方は自費で6000円となります。


清水こども医院 公式サイトはこちら